コンテンツにスキップ

clusterウェブトリガ

前提条件

  • cluster イベントの設定が必要です。
  • ワールドにWebTriggerギミックがあることが必要です。
  • WebTriggerの管理ページを開けることが必要です。
  • 使用するための JSONファイルが必要です。

この機能について

  • cluster公認の機能ではありません。
  • 何か問題・課題がある場合は、ゆかコネDiscordのサポートフォーラムに質問してください。

このプラグインで出来ること

  • clusterのWebトリガーボタンを音声認識や翻訳された言葉をキーワードに発火できます
  • APIをつかえば、StreamDeckなどのツールからも呼び出せます

有効化

cluster

  • プラグインを使うチェックをONにしてください。

設定

VRChat

設定 意味
ルール 音声認識文に特定の文字列を含む場合は、指定したアドレスにデータを送ります
Control Cluster Webトリガーを制御する画面を読み込ませます

ルール

  • ルールは、条件に一致したときにそのデータを送付することができる「仕掛け」です
設定 意味
有効(Enabled) この条件を有効化します
モード(Mode) 条件の判断モードを指定します
対象 対象にする言語を決めます(母国語、翻訳1~4)
起動フレーズ 判断に使う起動キーワードです
トリガー名 発火するWebトリガーの名前を設定します
対象者 話者名に指定文字が含まれているときに反応します。空欄の場合は全員が対象です
APIタグ APIから呼び出すときにつかうタグ名です

パラメータの記述

  • 発話がきっかけで呼び出される場合は、トリガー名の中に下記パラメータが使えます
パラメータ 意味
{talker} 発話者名

使い方

  1. Clusterでイベントを作ります。
  2. ゆかりねっとコネクターNEOの画面からコントロール画面に入ります。 Cluster

  3. コントロール画面で「HOME」ボタンを押します。 Cluster

  4. ClusterのWebTrigger画面を出します Cluster

  5. ワールドに対応する JSONファイルを読み込みます Cluster

  6. 読み込んだら、同期をとります。 Cluster

    同期がとれると、「Sync Item Count」の数が更新されます。表示されているトリガーの数と同じ数字になっていれば、同期がとれています。

  7. 発火条件を入力します。 Cluster

  8. 音声認識などをさせて、発火状態を確認してください。

StreamDeckと連動させるとき

このプラグインにはAPIがあります

StreamDeckのアプリケーションに、下記のように設定することで、ボタンによる発火が可能になります。

Cluster

設定例: http://localhost:15520/api/command?target=Plugin_ClusterTrigger&command=exec&tag=Trig1


最終更新日: November 30, 2022