コンテンツにスキップ

NeosVR 連携

前提条件

  • NeosVRが動作することが必要です
  • この機能単品では機能しません。ワールドかアバターにギミックが必要です。

このプラグインで出来ること

  • NeosVR内に音声認識結果、翻訳結果、トリガー信号を出すことができます。

有効化

NeosVR

  • プラグインを使うチェックをONにしてください。

設定

NeosVR

設定 意味
Port NeosVRと接続する通信ポート番号を指定します。デフォルトは 50210 です。
Native Language 母国語をNeosVRに送ります
Translation Language 翻訳文をNeosVRに送ります
Target User Name 送信は、このゆかコネ利用者に限定します
SendType:emap NeosVR用のフォーマットに変換して送ります。
使えない文字を置き換える NeosVR emapフォーマットで表現できない文字を"_"に置き換えます

字幕の送付

  • データは translation.1.text のようなキー名で送られます。

VRChatテキスト送付

  • VRChat最新ベータ版でOSC経由のチャットがサポートされています。
  • ゆかりねっとコネクターNEO v2.0から、この送付に対応します。
  • 翻訳送付については、翻訳1を採用します

ルール

  • ルールは、条件に一致したときにそのデータを送付することができる「仕掛け」です
  • 大半の設定はVRChat OSCの設定が使いまわしできます。
設定 意味
有効(Enabled) この条件を有効化します
モード(Mode) 条件の判断モードを指定します
対象 対象にする言語を決めます(母国語、翻訳1~4)
起動フレーズ 判断に使う起動キーワードです
Message Address NeoSVRに送るための送付先です 例)avater.eye.angle.x
パラメータ 渡すパラメータを指定します。 true/false、 0x00~0xff、0.0~ 、文字列 を指定できます。
対象者 話者名に指定文字が含まれているときに反応します。空欄の場合は全員が対象です
APIタグ APIから呼び出すときにつかうタグ名です

使い方

  1. NeosVRを起動します
  2. Openをおして通信を開始します
  3. NeosVR側の接続ツールをつかってつなぎます。

最終更新日: November 30, 2022