コンテンツにスキップ

GASの設定

前提条件

  • GASを使った翻訳は Version 1.9592 から対応しています
  • Googleアカウントが必要です

謝辞

GASとは

  • Googleの機能で、自作プログラムを動かすことができる機能です。
  • 翻訳結果を加工するなど、個人で機能を拡張することができます。

GASをつかった翻訳とは

  • 個人のGoogleアカウントに紐づく機能を使うことで自前APIでの翻訳を実現します。
  • 使い始めるまでに個人で若干の作業が必要になります。
  • GASから提供される範囲内で無料で翻訳サービスを受けられます(2022年8月23日現在)

設定の仕方

1. GASの設定をする

詳細解説について

なお、色々資料を行ったり来たりするのがわかりにくいということなので、こちらにも解説を追記しておきます。

1-1. 作成画面をひらく

  • まずは管理画面を開いてください。

  • 開いたら、あたらしいプロジェクトをクリックします

新しいプロジェクト

1-2. プロジェクト名の変更

  • 画面が出たら、まずプロジェクトの名前をgoogle_translate_apiに変更します。

新しいプロジェクト

1-3. ファイル名の変更

  • 画面が出たら、まず名前をmainに変更します。

新しいプロジェクト

1-4. プログラムの転記

  • プログラム作成画面にプログラムをコピペします。
  • コピペする内容は下記に掲載されています。

新しいプロジェクト

1-5. プログラムの公開

  • デプロイボタンで公開準備をしましょう

新しいプロジェクト

新しいプロジェクト

新しいプロジェクト

新しいプロジェクト

うまく設定ができると、ウェブアプリというURLが作成されますので、コピーボタンをおします。

2. アドレスの設定をする

  • ゆかりねっとコネクターNEOのオプションをひらきます。    新しいプロジェクト

  • ゆかりねっとコネクターNEOのオプション枠にあるURL欄にURLをいれます。 GASオプション

  • 末尾の/execは消してください。
  • 設定が終わったら、OKでオプション画面を閉じます。

3. 翻訳を使う設定

翻訳オプション

  • 選択でGASを選んでください。これで翻訳されるようになります。

仕様について

  • 入力される言語は母国語を想定しています。
  • 言語推定をGoogle側に一任しているので、翻訳が失敗することもあります。
  • 翻訳は一定数使うとGAS側で制約がかかります。
  • GASの仕様は変わることがあります。かかる制限やコストなどは個人で調査しご利用ください。

最終更新日: 2023年2月2日