コンテンツにスキップ

GASの設定

前提条件

  • GASを使った翻訳は Version 1.9592 から対応しています
  • Googleアカウントが必要です

謝辞

GASとは

  • Googleの機能で、自作プログラムを動かすことができる機能です。
  • 翻訳結果を加工するなど、個人で機能を拡張することができます。

GASをつかった翻訳とは

  • 個人のGoogleアカウントに紐づく機能を使うことで自前APIでの翻訳を実現します。
  • 使い始めるまでに個人で若干の作業が必要になります。
  • GASから提供される範囲内で無料で翻訳サービスを受けられます(2022年8月23日現在)

設定の仕方

1. GASの設定をする

2. アドレスの設定をする

GASオプション

  • ゆかりねっとコネクターNEOのオプション枠にあるURL欄にURLをいれます。
  • 入れるURLは /exec の手前まで。
    例)https://script.google.com/macros/s/aAaaaaaaaaaaaaaaaa

3. 翻訳を使う設定

翻訳オプション

  • 選択でGASを選んでください。

仕様について

  • 入力される言語は母国語を想定しています。
  • 言語推定をGoogle側に一任しているので、翻訳が失敗することもあります。
  • 翻訳は一定数使うとGAS側で制約がかかります。
  • GASの仕様は変わることがあります。かかるコストなどは個人で調査しご利用ください。

最終更新日: September 26, 2022