コンテンツにスキップ

VRChat OSC連携

前提条件

  • VRChatが動作することが必要です
  • この機能単品では機能しません。ワールドかアバターにギミックが必要です。

このプラグインで出来ること

  • VRChat内に信号を出すことができます。

有効化

VRChat

  • プラグインを使うチェックをONにしてください。

設定

VRChat

設定 意味
Port VRChat→NEO OSCポートの番号を指定します。デフォルトは 9001 です。
Address NEO→VRCha OSC送付先アドレスを指定します。デフォルトは 127.0.0.1 です。
Port NEO→VRChat OSCポートの番号を指定します。デフォルトは 9000 です。
Native Language 母国語を送ります
Translation Language 翻訳文を送ります
SendType(int) 文字列を数字(アスキーコード)として送ります
Send: Owner only 送信は、このゆかコネ利用者に限定します
ルール 音声認識文に特定の文字列を含む場合は、指定したアドレスにデータを送ります

字幕の送付

  • データは /YNC/Text/ja/Int/YNC/Text/ja/String のようなアドレスに送られます。
  • VRChatであれば Stringが受け付けられないので、Intを使うことになります
  • Int の場合は、UTF-8のバイトコードが1文字ずつ送付され、0x00 で終端します。

VRChatテキスト送付

  • VRChat最新ベータ版でOSC経由のチャットがサポートされています。
  • ゆかりねっとコネクターNEO v2.0から、この送付に対応します。
  • 翻訳送付については、翻訳1を採用します

ルール

  • ルールは、条件に一致したときにそのデータを送付することができる「仕掛け」です
設定 意味
有効(Enabled) この条件を有効化します
モード(Mode) 条件の判断モードを指定します
対象 対象にする言語を決めます(母国語、翻訳1~4)
起動フレーズ 判断に使う起動キーワードです
OSCアドレス OSCに送るための送付先です 例)/OSC1/OSC2
パラメータ 渡すパラメータを指定します。 true/false、 0x00~0xff、0.0~ 、文字列 を指定できます。スペース区切り。
対象者 話者名に指定文字が含まれているときに反応します。空欄の場合は全員が対象です
APIタグ APIから呼び出すときにつかうタグ名です

パラメータの記述

  • Boolean型でデータを送る場合は、false true で記述します
  • 配列で数字を送る場合は 0x00 0x01 のようにスペース区切りで記述します
  • 浮動小数点で送付する場合は 1.0 のように小数で記述します

使い方

  1. VRChatを起動します
  2. Openをおして通信を開始します

最終更新日: September 26, 2022