コンテンツにスキップ

読み上げ

前提条件

  • つかいたい音声ソフトウェアがインストールされていること
  • 音声ソフトウェアが正しく発声できる状態であること
  • つかう音声ソフトウェアが立ち上がっていること

このプラグインで出来ること

  • 各種音声生成ソフトウェアをつかって音声認識結果を読み上げできます。

対応している音源

  • A.I.Voice (日、英、中)
  • AITalk3
  • VOICEROID +
  • VOICEROID2 (64bit)
  • ガイノイドトーク
  • 音街ウナトーク
  • CeVIO CS7
  • CeVIO AI (日、英)
  • SAPI5
  • VOICEVOX
  • COEIROINK
  • LMROID
  • SHAREVOX
  • CoeFont(Enterprise API)

有効化

音声

  • プラグインを使うチェックをONにしてください。

設定

音声

設定 意味
使う読み上げエンジン ・発声エンジンを決定します。
・状況により、使えないものが表示されるケースがあります
読み上げる内容 何を読み上げさせるか指示します
出力先 どのスピーカー出力に音を出すか指定します。
かわいい語尾補正 認識した言葉の最後につける言葉を指定します
ひらがなベースで読み上げ ・IME辞書をつかって漢字をすべてひらがなに変換して渡します。
・UDトーク併用時は認識時のひらがなに直します
アルファベット読み上げ ・英語が読めない音源では、それっぽい発音に置き換えます。
正しく発音できないこともあります
CoeFontの設定 CoeFontの仕様変更により、
残念ながらCoeFont企業契約者以外はご利用いただけなくなりました
パラメータを設定 発話に関する調整をします。音源によっては反映できない項目もあります

使うとき

  1. 音源を立ち上げます。
  2. ゆかりねっとコネクターNEOを立ち上げます。
  3. ゆかりねっとコネクターNEOで音声認識をしましょう。
  4. 文章が確定すると同時に読み上げが行われます。

注意点

負荷が上がる場合があります

  • VOICEVOXなど、GPUを使うソフトウェアの場合、PCに負荷がかかる場合があります

音声ソフトウェアがサポートする声が使えない場合があります

  • 起動時にVOICEVOXなどへ問い合わせ通信をしているため、後からVOICEVOXを起動すると音源が表示されない場合があります。

使用中はバックグラウンドプロセスが立ち上がります

  • 音源の制御をおこなう関係上、playengine.exe という発話管理プログラムが裏で起動します。
  • PlayEngineは32bit版、64bit版の2つがあり、最大それぞれ1つずつ(合計2つ)が起動します。

音源を標準のフォルダ以外に導入すると動かない場合があります

  • AIVoiceなどは、インストールフォルダを変更すると連動できないことがあります。

最終更新日: September 26, 2022