コンテンツにスキップ

Discord経由でコラボ

攻略チートシートについて

  • このチートシートはテーマを絞ってガイドする「攻略本」的なものです。

Discordをつかったコラボ配信の設定

前提条件

  • 自分が管理権限をもつDiscordルームを持っている
  • 自分やコラボ相手がDiscordのアカウントを持っている
  • 自分もコラボ相手もゆかりねっとコネクターNEOのセットアップが終わっていること

シナリオ

配信のシチュエーション

  • 自分が配信主
  • コラボ相手を配信に招く

1.【配信主】やり取りをするDiscordのチャネルを作る

Discord

2.【配信主】チャネル設定から、WebHookの画面に移動

Discord Discord

3.【配信主】WebHookのURLを新規取得する

Discord Discord

Tips

  • 名前は利用者がわかるような名前をつけましょう
  • コラボ相手が複数いる場合は、複数個のURLを発行します。(1人1つ)

4.【配信主】WebHookのURLをコラボ相手に教える

Tips

  • 書き込める権限を付与するものなので、取扱いに注意しましょう

5.【コラボ相手】ゆかコネにWebHookのURLを設定する

Info

  • 相手にもらったアドレスは開くものではなく、アプリに設定するものです。開いても何も動作しません。

Discord

  • チェックをONにして、設定画面を開きます。

Discord

  • 手順4でもらったURLを「WebHook URL」に入れます。
  • Avater URLは空欄で構いません。
  • Avater URLに設定するとDiscord書き込み時本人アバターのところに絵が表示されます。

6.【コラボ相手】ゆかコネで音声認識させる

  • この状態で、WebHookを生成したチャンネルに文字が転送されていれば、コラボ相手の設定は完了です。

以下は、配信主が字幕を受け取る設定です

  • 以下の設定は、配信主が通常、1度できれば問題ないかとおもいます。
  • 何度も行う作業ではないので、時間があるときに落ち着いて実施してください。

7.BOTの登録をする

Discord

New Application を押して、登録しましょう。

Discord

  • 名前は自由にわかるようなものをつけてください。

8.接続設定をする

Discord

  • 値を入手したら、プラグインに設定します。

Discord

  • ChannelIDは、Discordの画面から取得します。

Discord

9.Discord接続認証を行う

Discord

  • このボタンを押して認証ができると、通信ができるようになります。

10.DiscordチャンネルにBOTの読み書き権限を付与

Discord

  • Discordチャンネルに読み書き権限を付与します。

権限の付与について

  • 与える権限は最低限にしましょう

11.ゆかコネ―Discord間のやり取りルールを決める

Discord

Warning

  • このルールを適当に決めると、字幕がループすることがあります。
  • いきなり本番ではなく、テストしながら感覚を身に着けてください。
役割 意味 使いどころ
Receive Discordに書かれたメッセージを字幕として取り込む 配信相手の会話を取り込む時に使います
Transfer ゆかコネが受け取った字幕をDiscordに転送します 自分の発話もDiscordに乗せるときに使います
トークセッションに対応 複数人の発話で字幕を出すモードで動かします コラボ配信時はON必須
BOTも対象 BOTユーザーの字幕を受信するかどうか 相手がBOT機能で字幕を出しているときはON

自分だけが配信主の場合

  • ReceiveとトークセッションをONに、それ以外をOFFに。

自分以外も配信で字幕をつかう場合

  • BOTも対象以外をONに(相手もBOTを使っている場合はすべてON)。

12.字幕を表示

  • トークセッションで字幕を表示します。

Discord

  • これで設定が完了しました。

最終更新日: September 26, 2022